MENU

小児歯科

「子供の歯を守るために」

小児の治療は、決してその時のものでは無く、より良い成人、老後を迎えるためにその時期に何をするかを考えなくてはなりません。

子供の歯を守ることは大人(ご両親、歯科医院)の役目です。
診療室では、むし歯を単に詰めるのではなく、定期的なクリーニングやフッ素塗布を行い、ご家庭では正しい食生活(おやつなどを含め)と適切な歯磨きを行います。 

この診療室とご家庭の二人三脚が乳歯から永久歯へのむし歯の無い子供を育てます。
例えば、6歳で1本のむし歯が出来るのと、60歳で1本のむし歯が出来るのでは意味が異なります。
当然、歯が生えてからの年数を考えた場合、子供のむし歯はリスクが高いと言えます。

是非、発症前(むし歯が出来る前)にリスク検査をお勧め致します。
また、定期的に観察することにより歯列不正を早期に発見することが出来ます。

お子さんのお口の改善のために

当院での小児への取り組みは、予防中心の考え方により出来るだけ痛くない様に済ませ、
健康な永久歯列への移行を考えたいと思います。

「子供の歯を守るために」

お子さんが「歯医者って痛いところでは無い」と思い続けるには、むし歯になる前からの予防が大切です。出来るだけ低年齢で発症前の段階からのリスク分析などの取り組みをお勧めします。

子供のむし歯はご父兄や我々歯科関係者を含む大人たちの協力関係で、元々齲蝕リスクの高かったお子さんが成長と共に口腔の健康も成長し、永久歯ではむし歯が無い状態になった方も少なくありません。
是非、早めの予防介入をお勧めします。