MENU

インプラント治療のメリット

従来の方法とインプラント治療の違い

一本の歯を失った場合

従来の治療方法

入れ歯は床が着くので違和感が強く、取り外しして清掃しなくてはなりません。安定も悪い。


ブリッジは周囲の健全な歯を削るなど、予防の観点からも推奨できません。また、その歯にも負担が掛かります。

接着性ブリッジは周囲の歯の削る量は一般のブリッジより抑えられますが、経年的に緩む可能性があります。

インプラント治療

インプラント治療は左記の欠点を全て構造から解決した理想的な修復法と言えます。

複数の歯を失った場合

従来の治療方法

ブリッジは欠損周囲の歯を利用し橋を掛けますので支える歯に負担を掛け、また、不必要に歯牙を削るなど予防の点からも、インプラントに劣ります。

入れ歯は欠損部分の粘膜で主に負担をしますので噛むチカラは最も低く、その欠損部分の歯茎は経年的にやせていきます

インプラント治療

インプラントは周囲の歯に負担を掛けたり、不必要に歯を削る必要も無く、機能回復と、周囲の歯牙保存、予防の観点からも良いと言えます。

全ての歯を失った場合

従来の治療方法


一般の総義歯です。

不安定です。

インプラント治療

1.複数のインプラントを埋入し
歯を固定してしまう方法です。
最も安定し噛むチカラも
一番あります。
2.少数のインプラントを埋入し
義歯を取り付ける方法です。
可撤式ですが、義歯の安定は
かなり良くなります。

インプラントの可能性は個人差があります

個人によって基礎となる骨の状態が異なりますので、慎重にレントゲン等による診査が必要です。

またCTなども併用し三次元的に骨量を調べることが一般化してきています。