MENU

インプラント治療について

歯を失うとどうなる?

歯を1本なくしただけで、同時に多くのものを失ったことに気づくでしょう。自然に微笑むことができなくなり、リンゴやクラッカーなど、好きなものを噛めなくなります。 いつも口元が気になり、残っている歯まで不快に感じたり、噛み合わせが悪くなることにより、はっきりと話せなくなったりするかもしれません。

さらには、筋肉痛や頭痛に悩まされる場合もあります。もちろん、歯を失ったことで生じる影響は人によってさまざまですが、 歯のどの部分を失ったかが重要なポイントになります。

目に見える部分の「歯冠」だけを失った場合と、見えない部分の「歯根」まで失った場合とでは、その後の影響も大きく異なってくるのです。 歯根は歯をあごの骨に固定し、歯冠をしっかりと支える役割を果たしています。
歯根を失うと、抜けた歯の周りの骨がやせてきて、徐々に隣の歯が移動し、 やがては物を噛めなくなる恐れも出てきます。歯冠を修復するにはいくつかの方法があります。しかし、歯全体、つまり歯冠と歯根の両方を再生するなら、インプラントが唯一の方法です。

インプラントとは?

1952年、スウェーデンの科学者ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士は、純チタンが骨の組織と結合する事実を発見し、この現象を「オッセオインテグレーション」と名づけました。

当時の医学界の常識では、金属と骨が結合するなど、とても考えられなったことでしたが、チタンは生体組織において異物とみなされず、受け入れられる性質を持っていたのです。

そこで、ブローネマルク博士はこれを人工歯根(インプラント)として利用する方法を開発。軽くて丈夫な純チタンの歯根が骨と結合し、生まれながらの歯根と同様に歯冠を支えるシステムを完成させました。

以来この治療法は、世界中で数多くの人々の悩みを解消してきました。現在、この優れた技術は歯の治療だけでなく、関節など体の他の部分への応用に向けても、精力的に研究が進められています。

開発者について

1950年代、スウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士の研究チームは微小循環(血液の流れ)に関する基礎研究を行っていました。 治療の経過を観察するため、動物の体内にチタン片を埋め込んだところ、研究の終了後、このチタンが骨から取り外せなくなっていました。 この現象に興味をもったブローネマルク博士は大規模な研究を開始。チタンが骨組織と特殊な方法で結合する過程を明らかにし、これをオッセオインテグレーション(骨結合)と命名しました。さらに博士は、長期間にわたる研究を経て、1965年より歯科分野でインプラントの治療をスタート。 以来、歯科インプラントは全世界で数千万人の患者に使用されています。

篠塚歯科医院とインプラントの出会い

当初、私はインプラント療法を否定する歯科医の一人でした。

古くからあるインプラント療法であまり良い成績のものが無いからです。

しかし、書籍を読んだりしているうちに、そうでもないシステムがある事を知り、興味を持ち確認したい気持ちもあり幾つかのシステムの勉強をしました。

その中で1992年私の転機になったとも言えるのが、ブローネマルク・オッセオインテグレイションン・センターの小宮山彌太郎先生のベーシックコースの受講でした。
小宮山先生は、今のインプラントシステムの原点と言えるブローネマルクシステムを、その開発のブローネマルク教授から正しく教育・普及するために、スウェーデンのブローネマルク教授の下で留学・研究の後、ブローネマルク教授の名のセンターを世界でも数少なく、日本で唯一1990年開設されました。

しかし、このインプラントの素晴らしい点は、システムそのものでもありますが、それを伝え・教え・諭し・導いて頂ける小宮山先生の診療哲学にある事を勉強会に所属していた一員として感謝しています。
その哲学は当然インプラント療法に限らず、全ての診療に通じる事です。