MENU

リスク検査について

検査の必要性

今までむし歯予防と言えば「歯磨き」と「甘い飲食物の制限」が一般的でした。
が、それらを実践してむし歯を防ぐのは非常に困難と言わざるを得ません。
なぜなら、むし歯はお口の中の細菌による感染症だからです。
これらの細菌が多く存在したままでは、たとえ生活習慣を見直したとしても、 簡単にむし歯ができてしまいます。つまり、お口の中に住むむし歯菌を科学的に 検証することが、合理的なむし歯予防というわけです。

こんな方にお勧めです。

・気をつけて磨いているのに、むし歯が出来てしまった方
・同じところのむし歯を繰り返す方
・自分がむし歯で苦労しているので、子どももそうなるのでは・・・と心配されている方

検査の手順

患者様にしていただくのはこれだけです。
あとは、集めた唾液を使って各検査(臨床検査)を行います。

検査内容

①あなたの唾液量はどのくらい?

唾液が多く出るほど…
1)口の中の食べ物を早く洗い流します。
2)歯の質を強くします。
3)抗菌作用が働きます。

②あなたの唾液の中和力はどのくらい?

食後の歯の溶けやすい環境から、どのくらい早く通常の状態に戻るかがわかります。
(検査用紙が5分後に何色になっているかを調べます。)

③あなたのむし歯菌の数はどのくらい?

・唾液から2種類の虫歯菌を検出し、それぞれの菌の数を調べます。
(検査棒を舌に数回あてます)
・専用の培養機(37℃)にてそれぞれ培養していきます。
ミュータンス菌・・・48時間
ラクトバチラス菌・・・96時間
・その後モデルチャートと比較し、判定します。

デントカルトによる唾液検査 (自己負担金¥3150)

デントカルトはWHO(世界保健機関)の疫学調査のほか、予防歯科医療の進んだ欧米の多くの大学・公的機関で使用されているキットです。問診や視診では確認できなかった、目に見えないむし歯のリスク(細菌・唾液の質)を知ることで、個々に合った予防法がわかります。

検査内容

デントカルトはWHO(世界保健機関)の疫学調査のほか、予防歯科医療の進んだ欧米の多くの大学・公的機関で使用されているキットです。問診や視診では確認できなかった、目に見えないむし歯のリスク(細菌・唾液の質)を知ることで、個々に合った予防法がわかります。

歯の健康検査(BML) (自己負担金¥6825)

歯の健康検査とは・・
唾液を使用してお口の中のリスクを総合的に調べる検査です。 こちらの検査ではむし歯菌だけでなく、歯周病菌も調べることができますので、ご年配の方に好評です。
株式会社ビー・エム・エルに検査を依頼し、精度の高い検査結果をご提供します。

検査内容
① 細菌の数
・ むし歯菌(ミュータンス菌)
・ 歯周病菌(ポルフィロモナス・ジンジバリス菌)
② 診査、問診項目からのリスク診断

検査結果
2週間ほどで検査結果をお知らせできます。
各項目についてご説明し、現在の問題点や個々に応じた予防プログラムを作成していきます。

歯の健康検査以外にも株式会社ビー・エム・エルでは唾液を使用してお口の中のリスクを、より正確にむし歯歯周病に特化した精度の高い臨床検査があります。
詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

予防プログラムについて

検査と問診から得られたむし歯リスクを「カリオグラム」という診断ソフトに入力することにより、将来的にむし歯が発生する可能性を瞬時にしてグラフ化します。そして、リスクを下げるためには何をしたらよいのか?という疑問にも優先順位をつけてお応えできます。そこから個々に応じた予防プログラムを作成していきます。