MENU

診療システムについて

当院ではメディカルトリートメントモデルに沿った診療システムを採用しております。
一般治療は歯科医師が行いますが、検査やご説明、初期治療などは国家資格をもった歯科衛生士が担当いたします。

各検査について(保険適用)

レントゲン撮影

むし歯の深さや、歯を支えている骨は見た目ではわかりません。 そこで、より詳しく状態を把握するために、レントゲン撮影が必要となってきます。 従来のフィルム撮影に比べて1/10~1/3程度のX線量で撮影でき、お子様からお年寄りまで安心して受けていただけます。 初診時は、お口全体を一度に撮影できるタイプで対応します。

口腔内写真撮影(デジタルカメラによる撮影)

初期むし歯や初期の歯周病(歯肉炎)などの場合、レントゲンでは確認することができません。
見た目での診査が一番の手がかりなのです。そこで普通のカメラでお口の中を撮影し、さらに詳しくお口の中を調べる必要があります。大人の場合通常12枚ですが、大きなむし歯など気になる部分があればそちらも撮影します。

歯ぐきの検査(歯周精密検査)

歯周病は歯と歯ぐきの境目から始まります。正常な歯ぐきは0.5~2mmほどの溝がありますが、歯周病がひどくなればなるほど、その溝は深くなっていきます。それを調べるのがこの検査です。
1本の歯に対して6か所の深さを測り、またその時の出血具合をチェックしていきます。
同時に、歯の揺れや歯ぐきの痩せ具合も確認していきます。

これらの結果はモニター上で確認していただけます。
また、写真や検査結果をお持ち帰り頂けます。

初期治療について

・長年にわたって沈着した頑固な歯石や着色などを除去し、むし歯や歯周病の原因となる細菌を減らすのが目的です。

・また、生活習慣や嗜好を考慮しながら、むし歯・歯周病を繰り返さないためのホームケアをご提案します。

・お口の状態により、2~6回ほど行います。1回の治療時間は60分程度です。