「食直後に歯磨きすると歯が溶ける」は嘘です!

墨田区の篠塚歯科医院です。患者さんの多くが誤解されていることがあります。

歯磨きのタイミングはいつが良いのか?一時期新聞やテレビなどのメディアで、食直後の歯磨きは歯が溶けるため、食後30分間は歯磨きを控えるように言われていました💦

食後30分は口の中が酸性の環境に偏り歯が溶け出し、ブラッシングにより削れやすい状態のため「ブラッシングにより歯が削れてしまう歯質の量>得られる歯の再石灰化の量」となり徐々に虫歯が進行してしまう。と言うのが当時の主張です。

これは酸食症(繰り返しの嘔吐、炭酸やお酢の高頻度摂取により歯が溶けてしまう状態)の患者さんの論文がベースになった当時の情報発信でしたが、歯のエナメル質(表面)でなくその内層にある象牙質(元々エナメル質より石灰化度が低い)の標本を用いた研究でした。
しかし、健常者で硬いエナメル質がほぼ口腔内からなくなってしまうことは考えられず、その研究内容と同様の状態が日常生活内で再現されることはほぼあり得ません!

なので、私も患者から「これって本当なの!?」と質問を頻繁に受けましたが、結論それは「嘘」です。反対に食後歯磨きをしないままでいると、すぐに歯垢(プラーク)中の細菌によって糖分が分解され、酸が産生されて歯が溶け始め虫歯の起点になります。

日本小児歯科学会のホームページでもこの件について見解が載っています。

http://www.jspd.or.jp/contents/news/news20121012.html

皆さん安心して歯磨きは飲食の直後に行い、プラークを取り除いて虫歯・歯周病から歯を守ってあげて下さい😊

墨田区の篠塚歯科医院では、予防歯科に力を注いでおり患者さんの歯を守る為に尽力し、情報発信をしております。自分の口腔内について気になる点やお悩みがあれば、いつでも相談にお越し下さい。

歯学博士 篠塚嘉昭