「抜いた方が良い?」親不知の本当、嘘

「親知らずって抜いたほうが良いの?」患者さんから良く聞かれる質問です。最近親知らず出てきて気になるんだけど、自分は抜いたほうが良いのか、分からず不安な方も多いと思います。

ここでは、抜歯した方が良いのか?抜歯しなくていいのか?更に親知らずに関する噂の嘘?本当?も含め解説していきます。

結論: 多くの場合、親知らずは抜いた方が良いです。

そもそも歯はモノを噛むことができて価値が生まれます。なので、上下どちらかが歯茎からあまり出てきていない。横向きに生えているなど、嚙み合わせが得られない状態であれば、抜歯の適応になると考えて下さい。

機能しないのは分かったけど、わざわざ抜かなくても良いんじゃないの?と感じる方もいると思います。

抜いた方が良いとお薦めするのは、親知らずをそのままにしておくと隣の歯が虫歯・歯周病になってしまうリスクがあるからです。

機能していない歯を保存することによって、機能している歯が虫歯・歯周病になる可能性が高くなるなら、その前に抜歯した方が良いですよね。

・磨けない親知らずを放置したことにより手前の歯が大きく虫歯になり抜歯になってしまった一例

 

逆に抜歯せず残した方が良い場合は、以下の場合です。

1⃣上下共にまっすぐ生えていて、噛み合わせが確立されている

2⃣適切に歯磨きできて、虫歯を予防できる環境が確立されている

以上の二つが満たせているなら抜歯せず残した方が良いです。上下でしっかり噛んでいるけど、物理的に歯ブラシが届かないならこれも抜歯した方が良いです。当然、磨けないなら虫歯になるのは時間の問題だからです。

ここからは親知らずのよく聞かれる噂について答えていきます。

・親知らず抜くと顔が小さくなるの?

→残念ながらなりません。小顔効果を期待しての親知らずの抜歯はしない方が良いです。

・親知らずを残しておくと、将来他の歯が無くなった時に「移植」できるって本当?

→本当です。しかし移植用として親知らずを保存するには条件がいくつかあります。

1⃣神経を抜いた寿命の短い奥歯が既に他にあり、親知らずと根の形が似ている。

2⃣その親知らずが磨ける状態でまっすぐ生えているなら、「移植用」として保存しても良いと思います。

・親知らずを放置しておくと歯並びが悪くなるの?

→下顎の前歯は条件によってなります。横向きの状態の親知らずをそのままにしておくと根っこが完成するまでの時期(20代前半)に前歯が一気に押され歯並びが悪くなる可能性があります、根っこの完成後は押される力は弱くなり歯並びへの影響は小さくなります。

・親知らずの根っこがまだ完成していない10代の頃、下の前歯の歯並びはある程度揃っています

・親知らずの根っこが完成した20代前半、下の前歯は押されて歯列の乱れが認められます

・下の前歯のみの比較写真、この間約3年です。

ここまで親知らずのパターンをいくつか紹介してきましたが、患者さんがご自身で親知らずがどの様に生えているかの確認、また抜歯に伴う偶発症のリスクの判断なども難しいので、ご心配な方は一度歯科医院に相談へ行ってみましょう。

篠塚歯科医院では、CTによる精密な診断、そして院内でより患者さんがリラックスできる様に、院内での笑気麻酔・または静脈内鎮静下での抜歯も可能です。自分の親知らずの状態が気になる方は是非一度相談にご来院ください。

歯学博士 篠塚嘉昭