8020運動と健康の関わりを知っていますか?8020運動を徹底解説

「8020運動」をご存じですか?
日本は世界的にみて平均寿命が長い長寿大国です。
いつまでも、元気に過ごすには健康に気を付ける必要があるでしょう。
健康と聞くと、食生活や運動をイメージされる方が多いのではないでしょうか?
食生活を見直す際に、バランスの取れた食事を摂るには何でも噛める健康な歯が必要です。


8020運動は歯と全身の健康を守るために厚生労働省と日本歯科医師会が推奨する運動。
そこで今回は、8020運動とはどのような運動なのか?
8020と全身の健康の関わりや8020運動達成のポイントを解説します。

ぜひ、参考にしてみてください。

8020運動とは?

8020運動は厚生労働省と日本歯科医師会が推奨する運動です。
80歳になっても20本以上自分の歯を保つことを目標として掲げています。


20本の理由は20本以上の歯があれば食事を選ばすに好きなものを満足に食べることができるからです。
なお、歯が20本未満になると残っている歯への負担が増すので、普通に食事をしているだけで歯にダメージを与えてしまいます。
食事のたびに歯に負担がかかるので、残っている歯の寿命も短くなり更に歯を失ってしまう可能性が高くなります。
歯の健康を保つためにも、歯を失わないようにする必要があると言えるでしょう。


8020運動は、開始直後は達成率7%(残っている歯の平均本数4本〜5本)でしたが、2017年の歯科実態調査では51.2%と半数になったことを厚生労働省が発表しています。
しかし、歯科先進国といわれているスウェーデンでは80%の達成率です。
歯の予防意識の差がまだあることがわかります。

8020運動は全身の健康にも繋がる

歯の本数は、全身の健康にも関わりがあるといわれています。
歯の喪失が少なく、よく噛めている方は生活の質や活動能力が高いです。
歯の本数が20本以上の群と20本未満の群で比較したとき、歯の本数が20本未満の群は認知症発生率が1.9倍、要介護認定が1.2倍との報告がされています。
歯の健康が生活の質を維持することに繋がっているといえるでしょう。


また、口内の衛生状態とよく噛めることは全身の健康とも深い関わりがあります。
要介護者の口腔衛生状態の改善と、噛む力の改善を図ると、誤嚥性肺炎やADLの改善がみられた研究結果が出ています。
他にも、歯を失う原因である歯周病は、糖尿病や脳梗塞・心筋梗塞に関係していることがわかっています。

8020運動を達成するためのポイント

8020運動を達成するためのポイントは以下の3つ。

  • 自宅でのセルフケア
  • 歯科医院でのプロフェッショナルケア
  • 歯並びを整える

ここでは、8020運動を達成するためのポイントを紹介します。

自宅でのセルフケア

歯を失う大きな原因は歯周病と虫歯です。
歯周病と虫歯を予防するには、細菌の塊であるプラークをしっかりと取り除いて口の中を清潔に保つことがポイントとなります。

プラークは、ハブラシやデンタルフロス・歯間ブラシで落とすことが可能です。
ハブラシだけでは、口の中の60%の汚れしか落とすことができません。
積極的にデンタルフロス・歯間ブラシなどの補助清掃用具を使用して隅々まで磨くようにしましょう。


また、睡眠不足や偏った食生活・ストレスなどは抵抗力低下の原因となり、歯周病や虫歯の細菌が優位になりやすい環境を作ってしまいます。
不規則な生活に心当たりのある方は、生活習慣の見直しもおこないましょう。

歯科医院でのプロフェッショナルケア

3ヶ月〜半年に1回の頻度で定期的に歯科医院に通うのも有効です。
定期的に歯科医院を受診すると、自己チェックでは見落としている虫歯や歯茎の炎症・磨き残しなどを教えてもらえます。
虫歯・歯周病を早期に発見できるので歯を失うリスクも低くなるでしょう。
また、定期メンテナンスでは、ハブラシで落とせない歯石や着色汚れを専用の機械で除去して虫歯・歯周病になりにくい環境に整えていきます。

歯並びを整える

歯並びが悪くセルフケアが十分できていないと虫歯や歯周病にかかるリスクが高くなるでしょう。
虫歯・歯周病は食べカスや磨き残しがある部分に好発します。
歯並びが悪いとハブラシや補助清掃用具が届きにくいので慢性的に汚れがたまった状態になりやすいです。
歯並びが悪くセルフケアが難しい場合、歯科矯正をおこなって歯並びを整えるのも有効な手段です。
整った歯並びは、ブラッシングしやすく磨き残しのリスクが軽減します。

お口の健康を保って8020を目指しましょう

8020運動は、80歳で20本以上の歯を保つことを掲げている運動です。
歯を多く保つことは全身の健康にも繋がります。


8020運動を達成するポイントは、歯を失う大きな原因である歯周病・虫歯を予防すること。
歯周病・虫歯の原因はプラークです。
歯を失わないためには、プラークを取り除いて清潔な状態を保つ必要があります。
自宅でのセルフケアはもちろん、歯科医院での定期メンテナンスも積極的に受けましょう。
定期メンテナンスでは、虫歯・歯周病のチェックやハブラシの当たっていない部分の指導・歯石や着色の除去をおこないます。


8020運動の達成を目指して全身の健康も手に入れましょう。

一覧へ戻る