歯科医のおすすめ!知覚過敏用歯磨き粉3選

冷たい食べものや飲み物を飲食した際、歯がしみるという経験はありませんか?
歯がしみるとむし歯かも…と少し心配になりますよね。
しかし、それは「知覚過敏」という症状かもしれません。
知覚過敏は、むし歯とは違うので歯科医院で治療しなくても改善することがあります。
その改善方法の一つが、知覚過敏用歯磨き粉の使用です。
今回は、「歯科医院おすすめの知覚過敏用歯磨き粉3選」をご紹介していきます。

知覚過敏って何?

CMなどで流れていることもあり、「知覚過敏」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

知覚過敏とは、むし歯ではないのに歯がしみる症状のことをいいます。

冷たいもの、熱いもの、歯ブラシを当てた時に症状がでることが多いです。

知覚過敏とむし歯の簡単な判別方法は、しみる症状が一過性か持続性かで、判別します。

知覚過敏の場合、しみる症状は一過性であることが多いです。

一方で、むし歯の場合はしみる症状は、持続性であることが多く、痛みも伴います。

自分で、判別するのが難しい場合は、しみる症状が出たら早めに歯科医院で診察を受けましょう。

知覚過敏の原因

知覚過敏の原因とはいったいどういったものでしょうか?

原因は、主に2つあります。

①歯肉が下がっている

1つ目の原因は、歯肉が下がることによって起こります。

歯肉が下がる原因は、以下のことが挙げられます。

・加齢によるもの

・歯周病によって歯肉や、歯を支える骨が下がってしまう

・過度な力がかかる歯ブラシ習慣

・歯ぎしりや食いしばりによって歯や歯肉に力がかかること

これらの原因によって歯肉が下がり、歯の根元の部分にある象牙質が露出することで知覚過敏となります。

②エナメル質が擦り減る

2つ目の原因は、エナメル質が擦り減ることで起こります。

エナメル質とは、歯の表層を覆っている硬い組織です。

身体の中で一番硬い組織といわれていますが、長年歯を使っていくことで擦り減っていくといわれています。

エナメル質が擦り減ってしまう原因には以下のことが挙げられます。

・歯を、長年使うことで加齢と共に擦り減る

・間違った歯ブラシの方法によるもの

・歯ぎしりや食いしばりによるもの

・酸味の強い食べもの飲みもを日常的に摂取すること

これらの原因によって、エナメル質の中の象牙質という組織が露出してきて、擦り減ってしまうと、知覚過敏となります。

また、ホワイトニング後や歯科医院でのクリーニング後にも、一時的に知覚過敏の症状が出ることもあります。

知覚過敏の対処法

症状の改善には、さまざまな対処法があります。

自宅(自身)でも可能な対処法と、歯科医院での対処法に分けてみました。

自宅(自身)で可能な対処法

・歯磨き粉を使用する対処法

・食いしばりや歯ぎしりの癖に注意する

歯科医院で可能な対処法

・薬の塗布

・レーザー(エルビウムヤグレーザー)

・詰め物で、歯の根元をコーティング

・マウスピースを作って、使用する

・CTG(結合組織移植術)

CTG(結合組織移植)とは…?

歯肉が下がってしまった所に、上あごの歯肉を移植し、元の状態に近づける治療法です。

見えてしまった歯の根元を、歯肉を移植して覆うことで、知覚過敏も改善します。

・歯の神経を抜く

歯科医院で診断を受けた上で、適切な処置を受けましょう

自宅でできる対処法の中にあるのが、知覚過敏用の歯磨き粉の使用です。

こちらを使用することで、症状が緩和することがあります。

知覚過敏用歯磨き粉の選び方

知覚過敏用の歯磨き粉を使ってみたいけれど、多くの歯磨き粉の中からどう選んだらいいかわからないですよね。

ここでは、歯科医のおすすめの歯磨き粉を3種類ご紹介していきます。

その前に、歯磨き粉を選ぶときに確認して欲しいことがあります。

まず、歯磨き粉を選ぶ上で大事なのは、成分です。

知覚過敏の症状に効果がある成分が、含まれているものを選ぶ必要があります。

知覚過敏に効果がある、主な成分

・硝酸カリウム

・乳酸アルミニウム

・フッ素

主にこの3種類の成分が、効果があるといわれています。

ご自身で選ぶ際は、この3種類の成分が入ってる歯磨き粉を選ぶようにしてみてください。

そして、薬用や医薬部外品と記載がある歯磨き粉は高い効果を実感できます。

選ぶ時の参考にしてみてください。

歯科医がおすすめする歯磨き粉3選

ここからは、歯科医がおすすめする知覚過敏用の歯磨き粉をランキング形式でご紹介させていただきます。

第1位 システマセンシティブ

知覚過敏の症状に効果のある3種類の成分が配合されている歯磨き粉です。

フッ素濃度も1,450ppmと高く、むし歯、歯周病の予防にも効果があります。

他の歯磨き粉との成分の違いは、低研磨性というところです。

おすすめポイント①

硫酸カリウムと乳酸アルミニウムの成分で、知覚過敏の症状をダブルで防ぐ

おすすめポイント②

フッ素も高濃度で含まれていて、溶けてしまった歯を元に戻す作用の再石灰化も促進

おすすめポイント③

知覚過敏と併発の多い歯周病も予防してくれる成分も配合

おすすめポイント④

低研磨性で、長時間のブラッシングや強い歯磨きの力で磨いても安心

第2位 メルサージュヒスケア

こちらの歯磨き粉も、知覚過敏に効果のある3種類の成分が配合されている歯磨き粉です。

また、歯の着色を予防する成分と歯周病を予防する成分が含まれています。

基本的に、歯科医院専売の歯磨き粉となっています。

おすすめポイント①

硝酸カリウムと乳酸アルミニウムが含まれていて、知覚過敏を防ぐ

おすすめポイント②

フッ化ナトリウムが1,450ppmと高濃度で含まれていて、むし歯予防や再石灰化に効果的

おすすめポイント③

歯の着色を予防する、シリカ、ポリエチレングリコール、セルロースが配合

第3位シュミテクト

こちらは、CMでお馴染みの歯磨き粉です。

知覚過敏+気になる歯の悩みによって歯磨き粉を幅広く選択できます。

製品の内容は、ホワイトニング、歯周病、オールインワンなどがあります。

また、主な成分としては、知覚過敏に効果のある、硝酸カリウムが配合されています。

おすすめポイント①

硝酸カリウムが配合されていて、知覚過敏を防ぐ

おすすめポイント②

フッ化ナトリウムが1,450ppmと高濃度で含まれていて、むし歯予防に効果的

おすすめポイント③

幅広い歯の悩みと、知覚過敏のケアが可能

それぞれメーカーによって特徴があります。

どの歯磨き粉が良いか悩んだ際は、一度ご相談ください。

知覚過敏の時の歯磨き方法

知覚過敏に効果の高い歯磨き粉を使用しても、間違った歯磨き方法を続けていては症状は改善しません。

症状を悪化させない、正しい歯磨きの方法をお伝えします。

ポイントは3つあります。

・歯ブラシの硬さは、「やわらかめ」もしくは「ふつう」

・やさしい力で小刻みに磨く

・歯磨き粉はなるべく少量(歯ブラシの三分の一の量を目安に)

症状がある時は、やわらかめの歯ブラシを使用して、やさしく磨くことを心がけてください。

小刻みに磨く理由は、歯ブラシを大きく動かしてしまうと過度な力が入ってしまうので注意しましょう。

歯磨き粉はなるべく少量にして、研磨剤の効果でエナメル質が削れてしまうことを予防しましょう。

 歯磨き粉での限界

歯磨き粉の効果にも限界があります。

・しみる症状がなかなか改善しない

・しみる症状が強くなってきていて、痛い

・最近(半年以上)歯科医院に行っていない

上記の方は、早めに歯科医院にいくことをおすすめします。

歯科医院で、コーティングや薬の塗布を行ってもらうことで症状が改善していく可能性もあります。

改善しなかったら虫歯かも・・?

歯がズキズキ痛む、継続してしみる場合は、むし歯の可能性が疑われます。

むし歯か知覚過敏かは検査で判別できます。

・症状の確認(一過性か持続性か、どんなものがしみるか、いつしみるかなど…)

・視診、触診(診て、歯を触って確認)

・レントゲン

で確認することで、診断が可能となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

知覚過敏用についてや、症状、対処法について説明してきました。

実際に、おすすめの製品もランキング形式でご紹介させていただきました。

何気なく使っている歯磨き粉ですが、知覚過敏が気になる方は、普段の歯磨きの時に取り入れてみてはいかがでしょうか?

しみる症状でお困りの方は、ぜひ一度篠塚歯科医院にてご相談ください。

一覧へ戻る