「絶対やらないで」セラミック矯正!お勧めしない3つの理由


こんにちは、篠塚歯科医院です。

最近、SNS上でセラミック矯正流行っていますよね。当院でも、患者さんからご相談いただくことがあります。しかし、当院ではセラミック矯正を行っていません。セラミック矯正を検討していると患者さんからご相談を受けた場合は、必ず他の治療方法をご提案します

SNS上では、セラミック矯正のビフォーアフターで審美的な写真や動画が並べられることも多くなってきました。比較的短期で審美性を獲得できるSNS映えする治療方法で、患者様にとって魅力的に映るのも理解できます。

人生のタイミングや仕事上の制約など様々な理由で従来の歯科矯正ができず、すぐに綺麗な歯並びが欲しい方がいるのも分かります!それでも絶対にやらないで下さい!

歯医者が自分に絶対やらない歯科治療堂々の第一位がセラミック矯正です!
自分に施術している歯科医師はいません。

セラミックを入れた瞬間は「やって良かったー!めっちゃ綺麗!」と思うかも知れませんが、将来後悔する可能性高いですよ💦

セラミック矯正を勧めない理由は以下の3つです。

セラミック矯正を勧めない3つの理由

1.健全歯へのダメージが大きい

虫歯でもない健康な歯を大きく削らなければならない。削るだけでなく軸を揃えるために神経を抜く、または抜歯をするケースも多いのです!歯並びを綺麗にするための代償が多過ぎるという点です。

皆さん、矯正をする目的は何かというと、見た目を良くするだけではありません。歯並びを整えて磨きやすい状態にすることで虫歯や歯周病のリスクを減らして、歯を生涯にわたって長持ちさせることが最大の目的です。

歯を長持ちさせたいのに、削ったり・神経を抜いたり・抜歯をするのは本末転倒ですよね。歯並びを綺麗にするための代償が大きすぎるのです。

2.必ず再治療になる

そこまでして苦労して入れたセラミックは一生ものではありません。当然、人工物である以上、セラミックも毎日使う消耗品です。接着剤の劣化や、二次虫歯などが生じて100%やり直しになり、再治療で残った歯が更に削られ、歯質が無くなり抜歯に近づいていきます。

歯軸の方向も修正しないままブリッジで繋がってしまうため、磨きにくく虫歯になりやすいというデメリットもあります。(ブリッジの治療は統計的に約10年に1度繰り返す可能性があります)

「セラミックを入れたらその歯はもう無敵だよ」みたいに話す歯医者さんが一定数いますけど、そんなの信じちゃダメですからね。

セラミックは確かに劣化しにくいですが、劣化しない訳ではないです。またそのセラミックをくっつけている接着剤はレジンという樹脂が主成分で、これは普通に劣化します。

3.より長持ちする治療が既に確立されている

時間は掛かるが、歯に侵襲が少ない従来の歯科矯正という既に確立された治療法があります。セラミック矯正でないと解決しない審美的問題はありません。

治療後も何十年と続く長い人生において、重要視するべきは、その治療法の予知性が高いかどうかです。

YouTuberのゆなるんるんチャンネルさんはセラミック矯正をした後、若くして抜歯を経験している方で、その体験談を語ってくれています。

セラミック矯正の末!!!後悔!!!

セラミック矯正を検討している方は是非一度ご覧になって下さい。

セラミック矯正の実態とは?

ここまで見てデメリットばっかりじゃんと思いますよね?そうです、その通りです。
「セラミック矯正」なんて都合が良い名前を一部の歯医者が勝手につけただけで、やってることは矯正治療ではありません。健康な歯でやるただの「ブリッジ」被せ物です
しかし、なんで最近広告などを目にするようになったかと言うと、それはセラミック矯正が歯科医院側の利益率が高いという経営的な理由です。

最後に

もしセラミック矯正を積極的に勧めてくる歯医者に出会ったら注意して下さい。是非セカンドオピニオンに行きましょう😰

この記事を見て気軽にセラミック矯正を検討する方が少しでも減ってくれたら嬉しいです。

既にセラミック矯正をされていた方は、気分を害してしまったかも知れません。ごめんなさい。少しでも自分の歯が長持ちするように予防歯科を頑張って実践していきましょう。セルフケアの仕方など不安があれば、いつでもご相談下さい。

歯学博士 篠塚嘉昭

一覧へ戻る