歯石取りの頻度はどれくらいがベスト?歯石を放置するリスクについて

通院中に多くの方がおこなう処置として歯石取りがあげられます。
歯石取りはどれくらいの頻度でおこなうのがベストなのか?疑問に感じる方も少なくないでしょう。
そこで今回は歯石取りの頻度について、歯石のつきやすい場所や歯石を放置するリスク・歯石取り後の注意点を紹介します。
ご自身の歯石取りの頻度が適切か気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

歯石とは?

歯石は、プラークが石のように硬くなったものです。
プラークは、歯の表面に付着した汚れに細菌が繁殖した状態を指します。
柔らかくネバネバした形状で、ハブラシで除去することが可能です。
しかし、ハブラシを怠って慢性的に汚れが付着した状態が続いていると、プラークは唾液に含まれるリン酸カルシウムによって石灰化してしまいます。
プラークが石灰化して歯石になってしまうとハブラシで除去することはできません。
また、歯石のつきやすさは体質に左右されるので、個人差があります。
歯石がついやすい体質の方は、プラークを残さないようにすると歯石のつくリスクを減らすことが可能です。

歯石のつきやすい場所

歯石は唾液のリン酸カルシウムに作用するので大きな唾液腺がある付近につきやすいです。
耳下腺がある上の歯の奥歯の外側や舌下腺のある下の前歯の裏側は他の部分と比較して歯石がつきやすい部分と言えます。
自分の目で確認しにくい部分なので、気が付かない間に歯石がたまっていることも少なくありません。

歯石を放置するとどうなる?

歯石を放置すると、さまざまな悪影響を及ぼします。
歯石を放置すると起こる悪影響は以下の3つ。

  • 虫歯・歯周病の原因になる
  • 口臭の原因になる
  • 歯磨きの効果が低くなる

以下に解説していきます。

虫歯・歯周病の原因になる

歯石取りをしないと虫歯や歯周病のリスクが高くなります。
歯石の表面はザラザラしているので、汚れやプラークが付着しやすく細菌が繁殖しやすい環境が整っています。
虫歯や歯周病の細菌は、歯の表面に残っている汚れのなかで増殖するので歯石取りをしないと、細菌の増殖を助けてしまい、虫歯・歯周病のリスクが歯石がない方と比較して高くなるでしょう。

口臭の原因になる

口臭は、磨き残しや虫歯・歯周病・舌に付いた汚れなどが原因で発生します。
歯石がついていると磨き残しが残りやすくプラークがつきやすい環境に。
プラークのなかには多くの細菌が生息していますが、一部の細菌は発酵してガスを発生させます。
ガスからは、生臭い不快な臭いがするので口臭に影響を及ぼすでしょう。
また、歯石がたまり歯周病が進行していると、歯茎から出血・膿が出ている場合があります。
出血や膿も血生臭さや腐敗臭のような臭いが発生するので口臭の原因になります。

歯磨きの効果が低くなる

歯石はハブラシでは取ることができません。
歯石が残っていると、ハブラシがしっかりと当たっていても歯石の周りは汚れが付きやすいので細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

歯石取りの頻度

歯石取りの頻度は3ヶ月〜6ヶ月に1回の頻度でおこなうことをおすすめします。
ただし、歯石のつきやすさや口の中の状態によっては少し短い期間で2ヶ月の頻度で提案する場合も。
歯科医院では、3ヶ月〜6ヶ月に1回の定期メンテナンスをおこなっている医院が多いです。
定期メンテナンスでは、虫歯・歯周病のチェックやハブラシでは落とせない歯石・着色取り、ハブラシが届いていない場所の歯磨き指導などを行っています。
定期メンテナンスを受けて、歯石取りも一緒に行ってもらう流れにすると歯石がたまることがなく安心でしょう。

歯石取り後の注意点

歯石取りを行った後に注意するべき点は以下の3つ。

  • 歯茎を刺激しているので腫れや痛みがでる
  • 一時的に出血する
  • 知覚過敏の症状がでる

ここでは歯石取り後の注意点を解説します。

歯茎を刺激しているので腫れや痛みが出る

歯周病が進行していて歯茎に炎症がある場合、歯石取りの後に痛みや腫れがでる場合があります。
炎症が強く、ハブラシを当てるだけで痛みがある方は痛みや腫れのリスクが高くなります。
痛みや腫れは数日で落ち着く場合がほとんどなので様子をみるようにしましょう。
歯石取りをすると口の中の環境が改善されるので、歯周病が原因でハブラシを当てた時に痛みがあった方は症状の解消が期待できます。

一時的に出血する

歯石取りをおこなうと歯茎から出血することがあります。
歯石取りで歯茎から出血するのは歯茎が炎症を起こしているサインです。

健康な歯茎は歯石取りをおこなっても出血することはありません。
歯周病で歯茎に炎症がある場合、歯石取りで歯茎の炎症している部分を刺激するので出血してしまいます。
特に炎症が強い方は、歯石取りの時だけでなく処置後の数日間、出血が続く場合があるでしょう。
数日経つと歯茎の炎症も落ち着くので自然と出血も止まります。

知覚過敏の症状が出る場合ある

歯の表面に厚い歯石がついていると、歯石取りの後に知覚過敏の症状が出る場合があります。
歯石が付いていた分、外部からの刺激が伝わりにくくなっていたのが原因です。
症状は数日続きますが時間が経てば落ちつく場合が多いので様子をみましょう。

歯石取りの頻度は3ヶ月〜6ヶ月に1回がおすすめ!

歯科医院を受診すると歯石取りをすすめられる場合が多いでしょう。
歯石取りの頻度は3ヶ月〜6ヶ月に1回がおすすめです。
歯石のつきやすさは個人差があるので、歯石がつきやすい方や口の中の状態によっては2ヶ月に1回の頻度でおこなう場合もあります。
歯石を放置すると虫歯や歯周病・口臭の原因になり、しっかりとハブラシが当たっていても汚れの溜まりやすい環境になってしまいます。
お口の中の健康を守るためにも歯石取りは定期的におこなうようにしましょう。

一覧へ戻る