ボトックス

ボトックス注射について

ボトックスやボツリヌスどちらの名称もよく見ると思いますが、簡潔に説明すると、ボトックスはボツリヌストキシンと呼ばれる複合毒素から毒素を取り除かれて抽出されたタンパク質の一種です。
歯科でボトックス?と思われる方も多いと思いますが、皆さんがよく知っているシワ取り以外にも、筋肉を緩める状態にする作用があります。医科では、美容以外にも身体に麻痺が残ってしまった患者さんに対して筋肉をほぐすためにも活用されている安全性の高い治療法になります。歯科では歯ぎしりや食いしばりの治療に用いられます。
ボトックスをエラの部分に付着している「咬筋」に対して注射します。咬筋を弛緩することで、歯ぎしりの際に生じる力を軽減するのが目的です。
過剰な力を抑制するだけなので、食事がしにくくなることはありません。

一覧へ戻る